発達障害を持つ女性のためのコミュニティ

Decojoの目指すもの

Decojo(でこ女)は全ての人が障害無く生き生きと働ける社会の構築を目指します
そして、そのための手段として法人化を目指しています。

そのために2つのアプローチをしていきたいと思っています。
1つが”企業への働きかけ”
もう1つが”意識改革”です。
今、発達障害を持つ人の多くに”生き生きさ”が足りないと感じています。
何故なら​発達​障害を持つ人の多くは”生きにくさ”を感じているから
​​『できない事』や『ダメな自分』に負い目を感じているのです。しかし私たちDecojoはこう考えます。
「あなたは悪くない」
「あの人(相手)も悪くない」
「悪いのはシステムである」と。できないあなたは悪くありません。自分を責めないで下さい。
あなたを責めるあの人も悪くありません。彼らを責めないで下さい。
悪いのは上手く機能していないシステムなのです。例えば会社に於いて…
あなたが絶望的に仕事ができなかったとします。
それに対して激高する上司…
想像するだけでうんざりしますね。上司に腹が立つ気持ちもわかります。
しかし、ちょっと待って下さい。
上司もまた被害者なのです。

何故かって?
だって上司はあなたの仕事の全責任を負うんです。
仕事ができない部下がいたら怒り心頭にもなります。
そして上司だって人間です。
嫌いな奴に対して理不尽な対応を取る事もあるでしょう。

やっぱり上司サイテーじゃん!と思わないで下さい。
もしもあなたの適正をしっかりと判断してくれるシステムがあれば…、あなたは今の仕事はできなくても全く違う職種の才能があるかもしれません。
もしもあなたの適正に合う仕事へ異動できるシステムがあれば…、仕事を辞めなくても違う部署で大活躍出来るかもしれません。
もしも部下から上司を評価できるシステムがあれば…、上司はパワハラをしなくなるかもしれません
もしも心のケアをしっかりと行ってくれるシステムがあれば…、上司のイライラもあなたの落ち込みも無くなるかもしれません

まだまだシステムの改善余地はあります。

私たちはシステムの重要性、そして可能性を信じています。
何故なら人間はシステムを創る事で発展を遂げた生き物だから。

発達障害の人が生き生きと活躍出来る会社のシステムを作るって、実は働き方改革にも繋がるんですね。
だって発達の人が働きやすいんだから、他の人も働きやすいに決まっています!
(もちろん、発達障害者を”優遇”するという愚策を取らない前提です)

私たちは人よりできる事が少ないです。
でも、だからこそ工夫出来る余地があります。
でこ女のキャッチコピーである
”できない”を”価値”に変えていく
はここから誕生しました。

そして第2に、”意識改革”です。
発達障害にもたれているマイナスなイメージを払拭したいのです。私は発達障害を持つ多くの仲間に出会いました。
みんな、もがきながらも一生懸命生きています。
もっと私たちの事を会社や社会にわかって欲しい!ただ、愛(笑)を伝える際、一方的ではダメですね。雇用する側の企業、そして働く側の我々
お互いが歩みよらなければいけません。「なんで私の障害をわかってくれないの?」と思う私たち。
そして
「なんでこんな簡単な仕事もできないの?」と思う会社。
このままだとお互いの関係がどんどん悪化してしまいます。

そのうち「もう発達障害者はうちで絶対雇用しない」なんていう企業が出てくるかもしれません。
そうなってしまうと、発達障害を持つ我々はますます生きにくくなってしまいます。

このかけ離れてしまったお互いの溝を埋めるのも、私たちDecojoはミッションとして掲げています。
企業側に発達障害の理解を求め、また発達障害を持つ当事者達に対しても、どう社会に対して歩み寄っていけば良いのか相互に話し合って解決の糸口を見つけたいと思っています。

そのために我々が持っている武器はやっぱり”できない”を”価値”に変える事だと思っています。

ここまでDecojoの目指すものを語りました。
「こんなに大それた事言って、お前に何ができるんだ」と思う人がいるかもしれません。確かに、私一人はちっぽけな存在です。
しかしDecojoを法人化すれば”大きな人”になれます。
当事者同士での繋がり、コミュニティを持ち、みなさんから多くの知見を集め、「3人集まれば文殊の知恵」と言いますが、
何万人と集めて「スーパー文殊の知恵(笑)」を得れたらいいなと思っています。実際にDecojoの理念に共感してくれる仲間が、少しずつ増えて来ました。
​私一人はショボくても、みんながいるのでショボくありません!今掲げた2つのアプローチを実施するためにはコミュニティを大きくする必要があります。でこ女は発達障害を持つ女性のためのコミュニティとしてサービスを開始しました。
コミュニティの皆様同士でかなり質の高い情報のやり取りや、議論、相談、そして主に他愛の無い雑談(笑)をしています。
企業にアプローチするにも、会員様が3人とかだと「お前誰やねん」って感じですよね笑

でこ女はとにかく、今はコミュニティに属して下さるお仲間(会員)を募集しています。
会員登録は無料ですし、何より情報量は圧倒的です。
何故なら、皆さんがすごいから!(何度も言いますが、私自身はショボ&ショボです笑)
「私なんて役に立たないから…」
なんて思わないで下さい。会員登録してくれているだけで大きな存在です。

Decojoの理念に共感して下さる人、是非応援して下さい。
まだまだ発展途上で、これからどんどんサービスを提供していく予定です!
なんだかワクワクしませんか?笑

法人化したらその利益でDecojoカフェ(バー)を作ったり、発達障害の女性専用のグループホーム(自立支援に重きを置きつつも拘束の無い自由な、そして安全なマンション)を作ったり、教育プログラムを提供したり、本を出版したり(発達障害の取扱説明書みたいなやつ)、何より今色んな事情があって働きたいのに働けていない人の雇用を作れたらいいな〜なんて大それた事を考えています。(妄想力は抜群です笑)

血液型を言うくらいのノリで発達障害をカミングアウトできるような社会にしちゃおう、というのが私の理想です。かなり緩すぎる理想ですが笑
そのために、意識を変え、行動しませんか?

まずはDecojoに参加してみませんか?
はじめの一歩を踏み出すだけで何かが変わるかもしれません。
”参加方法”のページよりご参加頂けます。

皆さんのご参加、お待ちしています。